忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は、
お弁当づくりの強い味方
『玉子焼き フライパン』です

なかでも
『ambai』の『玉子焼き フライパン』は
実用性とデザイン性で高い人気を誇ります。


これは『角小』『角』『丸』と3種類あるうちの『角』

一番小さい『角小』だと玉子1ヶでもきれいに焼けるみたいです
『お弁当』のような少量の調理には最適です

今回、わたくしが購入した大きい方のサイズ
『角』ですと
ウチの奥さんが子ども(3歳)のお弁当で焼いて
余りをみんなで朝ご飯で食べきるぐらいの仕上がりの量です

『大は小を兼ねる』とは言いますが
やはり適材適所で
サイズを選んで使う方が食材のロスもなく経済的です。


持ち手は天然木のチーク材
色合いが温かみがあって気に入っています


フライパンの先も角度がついていて
焼いた玉子が返しやすいです

表面のまだらのような模様は
『ファイバーライン加工』といって
油なじみがよく、焦げ付きにくい効果があります

素材が『鉄』なので
『鉄のフライパン』を使った事がない方は
使い勝手に初めは戸惑うかもしれませんが
使い込むうちに慣れてきます。

どう戸惑うかは
その『鉄』の蓄熱性です

温度が高く保てる分、
火加減に気をつけないと焦げてしまいます

でもそんな失敗をやってしまったとしても
最初の1,2回でしょう

思いつくデメリットはそんなもんです。

玉子焼きは
『卵液』を何度も入れるので

フライパンの温度が下がってしまい
張り付いてしまうという
『失敗』を経験したことが
ある人もいるんじゃないでしょうか?

初めて玉子焼きを作った時
わたくしもまさにそれでした。

『鉄フライパン』の『蓄熱性』は
そんな『失敗』をなくしてくれます

『熱』を維持できるので
フライパンの温度が下がりにくく
玉子の張り付きを防げます。

きれいに焼けた時は本当に楽しいです!



こういったつなぎの部分は卵液が垂れてしまっている事が
あるので注意して洗いましょう

『鉄のフライパン』は手入れが面倒、、
と思われる方も多いかもしれませんが

洗ったあとに
火にかけてしっかり
水分をとばして乾燥させれば大丈夫です

よほど長期使わないようなら
サビ止めで油を塗りましょう。


見た目で嬉しく、使って楽しい
『玉子焼き』という一品ために作られた
フライパンの逸品です。

お後がよろしいようで。


このブログは
あくまでもわたくし個人の感想です

ご購入の参考までになれば幸いです


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
こちらからランキング見れます


料理ブログもやっています↓
しばいぬクッキング
よろしくお願いします!
PR
さあ、
始まりましたこのブログ

記念すべき『第1回』に紹介するのは
これです!


ストウブ【STAUB】のピコ ココット ラウンド 18cm

もう見た目で完全にやられました。

うちの奥さんに『みどり病』と言われるほど
『グリーン』が好きなわたくし。

この『深い緑』はまさに『どストライク』だったわけです。

箱を開けると『トリコロール』のリボンがついてて
トレビア〜ンな気持ちになる

こういう細かい所がニクい


何度も使用していますがキレイです
かれこれ2年ほど使用しています

最も特徴的なのは『ピコ』と呼ばれるこの『突起』

密閉されて加熱された『蒸気』は
この『ピコ』を伝いまた食材へと均等に注がれます

簡単に言うと
食材から逃げてしまった旨味が
何度も降り注いできて戻ってくるという事。

これが『無水調理』で美味しく仕上がる秘密ですね。

『ストウブ』を買おうと思ったら
まずどのサイズにするのか悩むと思います。

金額も決して安くないです。

ちなみにウチは
『わたくし』と『奥さん』と『3歳のチビッコ』の
『3人家族』で

この
『ストウブの18cm』と
『ルクルーゼの22cm』を使い分けています

わたくしが『ストウブ派』で
奥さんが『ルクルーゼ派』だったので
必然とこうなりました(笑)

  一晩で食べきる位の量なら『ストウブ』で
  カレー等作り置きしたいなら『ルクルーゼ』で

というように使い分けている現状です

こういう鋳物の鍋は
『煮込み料理』がメインになってきますよね。

なので
作りたい料理にもよりますが
『食材』が煮込めるだけの『水分』が必要です

『カレー』などのソースやスープを煮込む料理なら
サイズで仕上がりに影響はありませんが

例えば少量の『筑前煮』や『豚角煮』だと
大きいサイズならその分だけ『肉や野菜』を
準備しなければならなくなります。

うちの家庭だと
幅広い『煮込み』料理をするためには
サイズが2種類必要だと思ったので
『ストウブ』と『ルクルーゼ』に落ち着きました。

それと
『ストウブ』を選ぶ人は
『ストウブでゴハンを炊きたい』
と言う人も多いはずです。

この『18cm』だと
『2合』は余裕で炊けます
おそらく『2.5合』ぐらいもイケるでしょう

ゴハンを炊くと
お米がふっくらと仕上がり
香りもしっかりと感じます。

美味しいです。

これだけでも買った価値ありと感じます。

またキッチンでの
『staub』のフォルムは
存在感抜群です

キッチンに置いてあるだけでも
インテリアとしての役割をも
果たしてしまいます

毎日のように使うものなので

多少、値は張っても
自分が
心底気に入ったものを使い続ける喜びは
買って後悔しないと言い切れます


あと
悩んでる人が気になるのは
『重さ』でしょうか?

実際に持った人は大きさの割に
『かなり重い』と感じたはずです。

ただ
料理人のわたくしから言わせて頂くと
『重い』というのは決して『短所』ではありません

『重い』からこそ
『美味しい煮込み料理』ができるのです

理由は簡単。

重ければ多く熱を蓄える事ができるからです
『土鍋』と同じ原理です

あれも火を止めてもしばらくグツグツ言い続けます

これがじっくり煮込めるポイントになります

『ストウブ』を使ってて『強火』にした事は
煮込み料理では記憶にありません

こういう鍋を初めて使う人は
戸惑う事も多いと思いますが

『料理の美味しさ』や『発見』を使う度に
感じる事が出来るでしょう

そうやって使い続けていくうちに
『愛着』が沸いてきて
自分の道具になっていきます

ぜひ使い込んであげて欲しい
おすすめの逸品です


参考までに
わたくしが別でやっている
料理ブログで作った
『ストウブ料理』

汁なしミネストローネ

炊き込みシーフードピラフ

staubで七草粥

豚肩ロースのポトフ



寸法や他のカラーや仕様などは
こういったショップでご確認ください



このブログは
あくまでもわたくし個人の感想です

ご購入の参考までになれば幸いです


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
こちらからランキング見れます


料理ブログはこちらから↓
しばいぬクッキング
よろしくお願いします!

プロフィール

HN:
しばいぬ
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1982/04/29
職業:
料理人
趣味:
キッチンツール集め
自己紹介:
千葉で奥さんと
3歳の男の子と3人暮らし

趣味は写真、キッチン用品、器集め、食材を見ること。。

趣味に関しては
『浅く広くときどき深く』
がモットー。。
なのでころころ変わる。

奥さんいわくおれは柴犬に似てるらしい。。

フレンチの結婚式場、
スリランカ料理、
都内のイタリアンレストランを経て、
現在は野菜にこだわった
カフェで料理長やってます。。。

『しばいぬクッキング』
という料理ブログもやってます
のでこちらもよろしくどうぞ!

 

忍者カウンター

 

google